愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
Q&A

保険治療は行っていますか?

残念ながら当院では、保険治療は実施しておりません。
当院が得意とする症状は、ストレスや自律神経が関係する症状が多いため、プライベートな治療室で私と1対1で治療を行わないとリラックスされません。
何人も同時に治療室で治療していたら口を閉ざされてしまう方が多いのです。

また、私の治療法は患者さまとの場を重要視していますので、それが乱れるような状態は臨床能力が低下してしまいます。

お1人の患者さまに、治療効果も安全性も責任を持って治療したい気持があります。

実際に保険で鍼灸治療を実施すると、初回のみ2,680~2,710円 2回目から1,490~1,520円になります。保険点数が低いため治療院を維持していくためには今のように私1人では限界があります。患者さまを多くこなすためには助手に治療もやってもらうことにもなります。その結果、人件費もかさみ1日何人やったかが目的になりそうで臨床家としての資質も低下するのを危惧しています。

鍼灸の保険対象疾患は

  1. 神経痛
  2. リウマチ
  3. 腰痛症
  4. 五十肩
  5. 頚腕症候群
  6. 頚椎捻挫後遺症
    その他これらに類似する疾患など。

です。下記の厚生労働省HPに、柔道整復師と鍼灸師、あん摩・マッサージ・指圧師が保険を使える条件が明記されています。

「厚生労働省の柔道整復師等の施術にかかる療養費の取り扱いについて」をごご覧ください。

業界で暗黙にすすめられているのは、例えば 不妊治療を例にあげると、慢性的な肩こりなども併発していれば、上記疾患のどれかとして医師に同意書を書いていただき、不妊治療でも保険適応として受診できるという治療院もあります。
つまり、当院の治療費¥4,000円 = 保険治療費 + 差額の自費(不妊治療費)ということになります。

患者さまには、少しでも費用が安くなることはメリットではあり、合法的な対処法でもありますが、本来の保険取扱に外れているようで私としては何かしっくりいかない思いがあります。

当院には、医師や接骨院、鍼灸院の先生方も受診されています。
その時、先生方は『先生(松森)みたいなやり方が理想でしょうね。私のところは、借金もあるし、スタッフも多数かかえてるし人件費もかさむでしょ~、維持していくの大変なんですよね。だから自分の本意じゃないけど、保険でやっていくしかないですよ。』 また、『保険で治療費が安いから、案外治りが悪くても、患者さんも、保険だから、まぁ~しょうがないかぁ~。と文句もいわれないし、やっぱり治療費が安いから来るしね。。。』と愚痴をこぼされています。

ですから私は、臨床家としての気持を引き締めるために あえて自費治療にしています。その代わり、来院される患者さまには 充分に納得、満足していただけるよう努力するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
Twitter