愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
オフィシャルブログ

円形脱毛症 自宅療法のやり方

" 円形脱毛症 "

2017年6月10日

梅花鍼(ばいかしん)の使用方法

【原理】
鍼で皮膚を傷つけることにより、患部の活性化を促進させます。

 

【叩く強さ】
「痛いけど、そのくらいだったら我慢できる…」痛みがありますが、発毛させるために頑張って下さい。

皮膚が少し赤くなったり、微少な出血をともなった

方が効果的です。叩いた後、市販の消毒液でもかまいませんので患部を消毒して下さい。その後、1~2時間はシャンプーなどで頭皮を洗わないでください。

 

【期間】
毎日1回5~10分。 皮膚にかさぶた、かゆみがあるようでしたら1日休んでください。
また、当院の治療日は、叩くのをお休みしてください。

 

※お願い
梅花鍼は、昔から脱毛症に用いられている伝統的な治療法です。痛みをともなう治療ですので、治すという強い意志と根気が必要です。 ライフ治療院も全力を尽くしますので頑張って継続させてください。

きっと、笑顔になる日が来ると思います。

指導:ライフ治療院院長 松森裕司 

この記事を書いた人
カテゴリー: 円形脱毛症.
  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ|カレンダー
    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ
  • お気に入り
Twitter