愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム

自律神経失調症でお悩みの方へ

自律神経失調症について

 
 最初に、自律神経についてお話をしたいと思います。

 

みなさんは、『植物人間で寝たきりで・・・』ということを聞いたことがありませんか。

 

これは自律神経のみで生命を維持している状態なのです。

 

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に生命を維持する器官(神経・免疫・ホルモンなど)を支配し、その働きを調節する神経です。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立ち、身体全体に分布しています。

 

どんな臓器でも『交感神経と副交感神経によって二重に支配されています。』

 

つまり、心臓の働きで例えると、交感神経が興奮すれば心拍数が増え、副交感神経が優位になれば心拍数は減ります。

 

 

各々の神経は、やじろべいのように揺れ動きながら心身のバランスを保とうとしているわけです。

 

一般的には、交感神経が積極的な活動に適した状態をつくり、緊張や興奮している時、ストレスを過剰に身体が感じている時など特に強く働きます。

 

副交感神経は疲労や消耗回復に適した状態をつくります。

 

くつろいだり、食事後にも優位になります。あまりにも優位になりすぎても、アレルギー的な状態をつくり出してしまいます。

 

健康であれば交感神経と副交感神経のバランスがとれて全身の器官を調節できるわけですが、このバランスが何らかの原因で崩れてしまうことがあります。

 

これが、自律神経失調症といわれる症候群です。

 

ただし交感神経と副交感神経のバランスをとる…とお話をしましたが、例外もあります。

 

汗を分泌する汗腺や、鳥肌が立った時など毛を逆立てる立毛筋、そして腎臓の上にあり副腎皮質ホルモンを分泌する副腎、全身の血管などは、基本的に交感神経のみで調節されています。

 

また、複雑ですが、唾液腺は交感神経と副交感神経のどちらも分泌を促進させます。

 

このように交感神経と副交感神経は、複雑な作用があります。

 

この自律神経失調症は、いろいろな症状があるのに病院で検査しても何も異常がない場合に付けられる『診断名』であり、『病名』ではありません。

 

別名:不定愁訴とも呼ばれています。

 

要するに、はっきり医学的な原因は解らないけれど、自覚症状があるものを総称した診断名です。

 

専門書によると、もって生まれた虚弱体質により自律神経失調症になりやすい方(本態性)、性格的な要素が強くてなるもの(神経症型)、ストレス因子が強くてなるもの(心身症型)、抑うつ状態の時になるもの(抑うつ型)に分けられるとも書いてありますが、厳密に分けることは困難かもしれません。

 

私は、臨床上では、自律神経失調症単独で症状を現すものと 他の病気を患っている上で自律神経失調症も併発しているものとに分けて対応しています。

 

原因は、自律神経を支配している視床下部は、本能や感情をつかさどる大脳辺縁系に支配されています。

 

その視床下部が、外部の環境や精神的なストレスなどによって、本能や感情を抑制してしまい、視床下部を通じて自律神経を乱れさせることになります。

 

すべての病気は、程度の差はあれ、自律神経の乱れも同時に生じますので、あなたがお悩みの症状も、自律神経を調整する必要性があるのです。

 

あなたはこのような症状でお悩みではありませんか?

良導絡自律神経調整法の基礎知識:橋口修著より引用

 

心身症について

心身症とは独立した病名ではありません。非常に多い病気で見逃されやすい病気です。

 

心身症というのは、過剰なストレスによって引き起こされる病気を総称して呼ぶときに使われる名称です。

 

日本心身医学会による心身症の定義は

『 心身症とは身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし、神経症やうつ病など他の精神障害に伴う身体症状は除外する 』 (1991)となっています。日本心身医学会では、160余りの病態や疾患を挙げています。

 

つまり、心身症というのは病名ではなく病態(名称)なのです。

 

例えば胃潰瘍を例に挙げると、非常にストレスが強くて起こるような胃潰瘍の状態は心身症と考えるわけです。

 

さらに、神経症やうつ病に伴う身体症状は心身症から除くとあります。しかし、これは厳密な定義だと考えていいでしょう。

 

実際に、ストレスからくる身体の病気が心身症 ということができます。

 

私見ですが、ほとんどの病気はストレスの増加によって何がしら症状が強まるわけですから、心身症といってもいいと思います。

 

ただ、心身症の特徴をあげれば、いろいろなストレスが降りかかってきても“感情を抑えこみ過ぎて、その気分や感情を言語化できない…特徴があります。

心身医学の分野では、失言語感情症・アレキシシミアといいます。

 

うつ病や神経症(ノイローゼ)では、感情を言語化して 「あ~だ、こ~だと…」 第三者に訴えることが多いようですが、心身症は心理ストレスを外に出すのを閉ざし、呑み込んでしまいます。

 

自律神経失調症・心身症の治療

ここからが自律神経失調症でここからが心身症と区別するのは難しいと思います。

 

当院では、良導絡自律神経調整療法の立場から、原因を自律神経の過敏性と調節能力の乱れと考えます。

 

知り合いの医師は、『 薬物で自律神経をコントロールするのは、安定剤や自律神経調整剤くらいで、薬物で無理やり自律神経の乱れを抑え込んだとしても根本的な解決にはいたらない。 』と話されていました。

 

また、感情と自律神経は密接な関係を持っていますが、患者さま側の、ストレスの受け止め方が改善されたり、ストレスになる原因が根本的に解消されなければ症状は軽減しないことになります。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

自律神経は生活のリズムと密接に関係しています。

唯一あなたが自律神経をコントロールできることはどんなことだと思われますか?

 

食事、睡眠、便通、適度な運動、ストレスをためないことに気をくばることと、呼吸法を意識することになります。

 

でも、ご自分で改善させようと思っても、続けるのも忍耐力が必要ですよね!(>_<) 失礼ながら至難の業ではないですか?

 

当院では、良導絡測定の結果、異常良導絡を鍼灸治療で調整して、自律神経の耐久力を高めバランスを整えていきます。

※ 薬のように自律神経の揺らぎを強制的に抑えこむのではなく、鍼灸刺激で反対にゆさぶり、その後 生体の治癒力が自然に落ち着かせるのを期待します。

その後、①快食 ②快眠 ③快便 ④快動 ⑤快話 という『5快』を身体に自然に覚えてもらうために治療をおこないます。

 

『5快』が上手く生活の中で実践できるようになると、身体のリズムが整い、自律神経の過敏さや調節能力も安定してくると思います。

 

『5快』(心地よさ)を自然に身体が実施できるように、鍼灸治療で援助します。


決め手は、“5快”を感じる「こころ」と「身体」作り

Ⅰ、快 食

  • 自然に空腹感を感じる。
  • 美味しく食事がいただける。
  • 食後、身体が重くならない。
  • 起床時、胃がもたれた感じが無い。

※治療重点ポイント:上腹部、背部の治療

Ⅱ、快 眠

  • 寝つきが良い。
  • 睡眠中、身体の緊張感もなくリラックスできる。
  • 熟睡でき、夜間ほとんど起きない。
  • 起床時には前日の疲れも癒え気持ちもリフレッシュする。  

※治療重点ポイント:頚肩こりの治療

Ⅲ、快 便

  • 毎日 定期的なお通じがある。
  • 一定の量が出る。
  • 便、尿が気持ちよく排泄できる。
  • 排便、排尿後は、身体が軽くなりスッキリする。  

※治療重点ポイント:下腹部、腰部の治療

Ⅳ、快 動

 

  • 身体を動かすことで心身共に心地良さを実感できる。
  • 運動後の心身の爽快感を実感できる。
  • 日常生活が何不自由なく自分の意志で身体を動かせる幸せを感じる。

 

 

 

※治療重点ポイント:関節の遊びをつくりスムーズな動きができるようにする

Ⅴ、快 話

  • 信頼できる人と話をすることで、身体の「こわばり」やこころの「こだわり」から解放される。
  • 話を聞いてもらうことで気持ちの整理ができる。
  • 悩みを共有できることで、前向きになれる。

※治療重点ポイント:鍼灸カウンセリング(対話)の実施

 

自律神経失調症や心身症の方は、心身ともにデリケートなタイプが多いようです。

当院では、他の院のようにスタッフが施術をするようなことはありません。

したがって、院長があなたのためにマンツーマンで診察~治療まで行います。

あなたを治療している間は、他の方を治療室に入れることもありませんので、プライバシーも保たれ お話を聞かれることもありません。

ご安心してください!

 

  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
Twitter