愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
オフィシャルブログ

変形性股関節症

" 症状ピックアップ "

2012年2月26日

変形性股関節症は、女性に多い症状です。

先天的に股関節の構造上に欠陥があるのか、加齢などで股関節が変形して痛みがでるものもあります。

症状は、歩行時の痛みや炎症時には寝ていても痛むことがあります。(ピョコ、ピョコとビッコをひいてる方が多いですね)

股関節に負担のかかる日常生活や加齢により進行する症状で、重症になると手術が適応となります。

現代医学では、初期にはプールや体操などで股関節周りの筋肉強化、日常生活で股関節に負担をかけないような生活を指導することが多いです。

しかし、なかなか仕事、日常の忙しさを理由に自己管理は難しい方もいます。

また初期症状には、整形外科で電気治療などをして一応は症状が緩和した頃、整形外科の医師に「ひどくなったら手術ですよ。」 と言われることが多く、患者さんの気持ちとしては、「ひどくなるのを待っているのは、ちょっと….」 「なにか進行しないように予防的な治療はやってくれないの???」 です。

そんな時に鍼灸治療の出番となります。

下記のレントゲン写真はが変形の進んだ股関節で、関節の隙間が狭くなり または靭帯も弛みグラつくため動作時に互いの関節面がぶつかり合います。

そのために、股関節周囲の筋肉は疲労し硬くなりやすく、股関節を締めつけてしまいます。

その結果として関節がすれて炎症しやすくなるわけです。



 

変形性股関節症(左)の鍼灸治療前と後の両脚の長さの変化



治療前と治療後と比較すると、股関節の変形のある左側が短かったのが治療後には若干長くなっています。

鍼灸治療で変形のある股関節周りの筋肉が弛んだのでしょうね。

関節をしめつけている筋肉が柔軟度を取り戻すと、関節面もスムーズに動き炎症もおきにくくなります。

その結果として整体やカイロプラクティックなどのように強い力を用いなくても 鍼灸で筋肉をゆるめることで変形性股関節症の痛みの緩和ができると思います。

 

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 症状ピックアップ.
  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ|カレンダー
    2017年8月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ
  • お気に入り
Twitter