愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
オフィシャルブログ

医道の日本社 「成功治療院のつくり方」に載りました!

" 院長のブログ "

2013年7月10日

東洋医学系大手出版社の“医道の日本社”から出版された書籍 「取材してわかった!成功治療院のつくり方」に記載されました。

今回は、2ページほどの短い文章ですが、皆さんにご報告しますね。

 

最近は 接骨院、整体、カイロプラクティック、アロマ、リラクゼーションマッサージなど 多種多様な施設が氾濫しています。

その中で、鍼灸というのは“痛そう”、“熱そう”、“年寄りくさい”…いろいろなマイナスイメージがあるようで、いまいちパッとしません。

それと鍼灸業界は職人気質の先生方が多いのか、“患者さんを治せば、流行る”という風潮が根強く残っていることも原因かもしれません。

 

巷には整体や接骨院関係の経営の仕方etc.の書籍やDVDは数多く出回っていますが、鍼灸院の経営のヒントになるような書籍は少数です。

そこで、医道の日本社さんが、低迷気味の鍼灸師にもっと元気になってほしいと意図があったのかもしれません。(私の勝手な思い込みかも???)

 

ライフ治療院が長年存続でき運良く今まで苦労もなくやってこれたのは、

私の元に集まった患者さんがなんとか楽になってほしい!…という強い思いで現在までやってきたこと、

そして、臨床家としてのプライドや心意気…などが そうさせたと思います。

よろこんでもらいたい一心で治療法も対応も工夫してきました。

その相乗効果が 経営法にも繋がったのかもしれません。

 

私がビギナー鍼灸師だった頃には、このような経営のことを言うと 『医療に経営を持ちこむとは、臨床家として恥ずべきことだ!』
『あいつは経営者だ!臨床家じゃない!』 と先輩鍼灸師からきっと言われたことでしょう。

でも、今は時代も変わりました。

 

この書籍には、幅広い年齢層を診る治療院VS患者層を絞って診る治療院 というテーマで 『患者層を絞って診る治療院』 P142 に私の文章が記載されています。

Q1、患者層を絞って診ることで、よかったことを教えてください。

Q2、困ったことや大変だったことを教えてください。

Q3、気をつけていることや工夫されていることはありますか?

そのような編集者の質問に答えています。

 

鍼灸師の皆さん、定価2,600円です。

鍼灸院の取材記事などヒントになることがあるかと思います。 是非、買って下さいね(笑)

 

 

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 院長のブログ.
  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ|カレンダー
    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ
  • お気に入り
Twitter