愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
オフィシャルブログ

肩こりでお悩みの方に

" 肩こり "

2009年1月20日

今回は「肩こり」の“こり”について考えてみたいと思います。

「肩こりがひどくて頭痛がする!」

「デスクワークを長時間すると肩がパンパンにこってくる・・・」

「肩こりがひどくて、頭がボ~ッとする。」   などなど。

日常生活をしていると“こり”を感じることが多いですよね。

“こり”とは、簡単にいえば筋肉がこわばり柔軟性が無くなった状態のことをいいます。

では、なぜ“こり”ができるのでしょうか?

首や肩にはいくつかの大きな筋肉があり重い頭や腕を支えています。

頭の重さは、いろいろな説(年齢や性別、頭の骨組の大きさによる差)があるのですが、成人では3~4㎏といわれています。

腕は脱力時には結構な重さですよ。

このような構造上に

 

1、立ち仕事やデスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けている。

(支える筋肉が辛そうですね)

2、ハードなスポーツなどで筋肉を酷使する。(筋疲労の極限です)

3、運動不足で、あまり筋肉を使っていない。

(筋力不足だと少し無理しただけで筋肉の負担になってしまいます)


というような生活をしていると、重い頭を支えたり、重い腕を動かしたり、絶えず首肩の筋肉に負担がかかってしまいます。

例えば、軽めのペットボトルを片手で持ち、数分間ほど肘を伸ばした状態で腕全体を水平に保持してください。

そのうちに肩がジーンと痛くなってしんどくなりませんか?叫び

 

これは、ペットボトルの重さに対して 肩や腕を支える僧帽筋や三角筋などが重力に逆らって一生懸命頑張っている、その時の筋肉の悲鳴です。

首肩の筋肉にも重力の影響で長期的に、しかもジワジワと・・・このような作用が長期続くと筋肉が弾力がなくなり伸び縮みしにくい“こり”になるのです。

 

その結果として、筋肉全体が伸長されて固くなると、筋肉内の血液やリンパの流れも悪くなり乳酸などの疲労物質も滞りやすくなりなす。



 

このような 悪循環に陥り、慢性的な“こり”すなわち、「肩こり」になるのです。



この記事を書いた人
カテゴリー: 肩こり.
  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ|カレンダー
    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ
  • お気に入り
Twitter