愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
オフィシャルブログ

常楽寺(名古屋)で浅井国幹顕彰会の法要が開催されました!

" 院長のブログ "

2014年11月4日

11月3日(祝)に名古屋の常楽寺で、11時より浅井国幹先生の法要がありました。(毎年11月3日に開催されます)

昭和48年頃に 日本漢方の巨匠 矢数道明先生と 現代生理学の巨匠 名市大学長 高木健太郎先生の働きかけで 名古屋に国幹先生の顕彰碑が建てられました。それ以後、年に1回諸先生方の働きで続いている会です。

 

漢方医、漢方に理解のある薬剤師、医学史がお好きな医師etc.がほとんどで、鍼灸師は私くらいです。

ちと、寂しいですね(^_^;)

 

この顕彰会の主役 浅井国幹先生(1848~1903)は代々尾張藩医の第10代目で、漢方医学復興に奔走した医師です。

1874年漢方復興を目指して山田業広先生が中心となって東京に温知社を設立します。

愛知からは国幹先生が博愛社を設立し、1881年の全国大会で温知社の第3代議長に選出されます。

この後、漢方医継続の請願を繰り返しますが 努力の甲斐もなくことごとく却下されました。

1883年「医師資格制度」が法律化され、翌年「医術開業試験規則」「医師免許規則」が施行されます。

その後、国幹先生は同志によって帝国医界を結成し、議会闘争を繰り広げますが「医師免許規則改正法案」は数票差で否決されてしまいます。

残念ながら努力の甲斐なく【漢方復興の夢】が絶たれてしまいました。

国幹先生は、傷心の中で1900年名古屋に戻り、1903年53歳でこの世を去りました。

 

亡くなる少し前に その無念の心中を常楽寺の先祖代々の墓に刻み先祖に詫びました。

浅井国幹先生の告墓文の一部分には…
【千年も続いたこの道統を誮が支え守るでしょう。十世も続いたわが家の医業も、今やその継続を絶とうとしております。憂心混乱して申し上げる言葉に窮する次第であります。明治33年庚子11月5日、十代目嫡嗣、才拙き浅井正典、真心をこめ血涙を流し再拝し謹んで申し上げます…】と記されています。

 

今回は、私の治療院のHPを見て、この顕彰会のことを知った 国幹先生の玄孫さん(画像の女性)が初めて法要に参加されました。

ご自分のルーツを探りたいと何年も前からいろいろと調べておられ、偶然にも当院のHPに自分のご先祖様の法要があると知り、東京から急遽 参加されました。

これも、何かのご縁ですね。

参加された先生方より 「松森先生のお蔭で、直系に出会えた!」と、お礼をいただいてしまいました。

HP… 恐るべし ですね。(笑)

この記事を書いた人
カテゴリー: 院長のブログ.
  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ|カレンダー
    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ
  • お気に入り
Twitter