愛知県・名古屋市緑区の鍼灸整体院|自律神経失調症・慢性前立腺炎・円形脱毛症・不妊・目の疲れ・首こり・肩こり・腰痛が得意な鍼灸院
ホーム
オフィシャルブログ

足の指を打撲してしまいました!

" 院長のブログ "

2014年6月7日

昨日の午前中に 左足の第4趾(足の薬指)を打撲してしまいました。

強打した時には、ちょうど治療の最中だったので痛みどころではなかったですが、1時間くらいしてから画像のように赤く腫上がってきました。

歩くだけでも鈍い痛みが走ります。
患部の皮膚温も1℃ほど高くなっていました。

もし、患者さんが同じような状態で来院されたら、とりあえず骨折かどうかを鑑別判断するのですが、今回は自分の足なので治療をして予後不良であったら自己責任で…という気持ちで治療を行いました。

 

さて、治療法ですが、アイシングやテーピングで固定をするやり方は一般的なので実施せず、オステオパシーの誇張法でやるか…または鍼灸でやるか? いろいろと考えた末 一番簡単な井穴刺絡を実施することにしました。

私は、刺絡療法には【Hifulabo:膚考学研究所】で販売されている“ハイタッチ”にテルモの“メディセーフ針”を装着して使用しています。

 

左足の第4趾の爪の生え際にある【足の竅陰(きょういん)穴】とその対側部に刺絡をしました。

そして、胆経上の足臨泣穴、陽陵泉(ようりょうせん)にも刺鍼、その後、棒灸にて足首周りと脛、腰を温めておきました。時間は30分くらいです。(おかげでお昼の食事時間が短くなってしまいました。泣)

患部から30滴ほど血を絞り出す時が打撲しているので痛かったです。(泣)

刺絡前 → 直後 → 6時間後 確実に炎症も治まり腫れも引いてきました。

 

1日過ぎた本日は過度に曲げ伸ばしをすると少し痛みはありますが、日常生活はほとんど痛みを感じなくなりました。

刺絡治療(血をしぼりとる治療)は、効果大ですよ! お試しあれ!!!

 

①打撲直後、赤く腫れあがっていますね。

②刺絡療法で、30滴ほど血をしぼりとります。

③血をしぼりとった直後です。赤みが引きましたね。

④6時間後の足です。赤み腫れも引き、痛みも軽くなりました。

この記事を書いた人
カテゴリー: 院長のブログ.
  • 052-877-5791
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ブログ|カレンダー
    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ
  • お気に入り
Twitter